ネットと新聞の世論調査の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近よく耳にする「ネットと新聞の世論調査の違い」なんだが、「何故違いが出るの?」と言う意見がある。

これは実に簡単な話で、それなりにでもネットをやっている人たちは自分から情報を発信しようとしている若しくは自分から情報を得ようとしているのに対し、ネットをそもそもやらない人たちはそうではない。

極論を言えば、「良く解らない」か「興味が無い」のだ

そう言う人たちの考えは得てして人の意見に左右されがちで、この場合で言う「人」とは「TVか新聞」である。

そうなればもう結論は明白で、誘導尋問に近くなる。

だが、ここで間違えてはいけないのが、ほんとうの"世論"とは"後者"であり、ネットではない。

要はネットをやっている人たちの意見が正しくも多数でも無いと言うこと。

なんで、こんな簡単な事も解らないかと言うと、それが解らない人たちの周りには「解る人しかいない」か「解っている風にしている」から

簡単な事だと思うんですけどねぇ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.cuvie.net/mt-tb.cgi/750

コメントする

最近のブログ記事

機動戦士ガンダム バトルオペレーションが面白い
http://pgdp.channel.…
ネットと新聞の世論調査の違い
最近よく耳にする「ネットと新聞の世論調査…
docomo XPERIA買ったらこれやっとけ
予想だけど、きっとdocomoのスマフォ…
OpenID対応しています OpenIDについて

Amazonトップセラー

リンク

人気Blog Ranking

    人気ブログランキングへ